洗面台の種類は大きく分けてシステムタイプとユニットタイプがある

洗面について考える時に洗面台というのはものすごく大切なものです。どういう洗面台を選ぶのかというのは顔を洗う際にも歯磨きをする際などでも重要なポイントにあたるので、ここで紹介する洗面台の種類については知っておく必要があります。

洗面台の種類としてはシステムタイプと呼ばれる組み合わせ自由な洗面台と、ユニットタイプと呼ばれるあらかじめ決まった規格で作られる洗面台の2種類がありますので、この違いについて知っておくと選びやすくなります。

システムタイプは自由に選んで組み合わせることができる洗面台

システムタイプはカウンター台や洗面ボウル、鏡、水栓金具、収納キャビネットなどの色や素材を自由に組み合わせることが可能な洗面台で、いわばセミオーダーと呼ばれるものに近いです。

寸法においても自分たちの求めるものに合わせて、自由にプランニングをすることができますので、自分たちが求めるオリジナルの洗面所を作ることもできます。システムキッチンも同様のことができますので、それに洗面台版と言ってもいいでしょう。

機能面だけではなくデザイン面にもこだわることができますし、洗面所のスペースの合わせて洗面台の配置を組み合わせることができますので、ある程度のスペースが必要になる点は仕方が無いところがあります。しかし、ユニットタイプに比べると高価になってきます。

ユニットタイプは一般的な据え置き型の洗面台

ユニットタイプは洗面ボウルや鏡などがあらかじめ据え置いてある形の洗面台です。それぞれがセットになっているのでシステムタイプに比べると低価格になっています。システムタイプほどではないですが、最近のユニットタイプのものであってもそれぞれの組み合わせが自由になっているものもありますので、同じモデルであっても種類が多種多様になってきています。特に水栓や照明などについてはそれほど選択肢があるわけではない点には注意してください。

自分たちのニーズに合わせて洗面台の種類を選べばいい

洗面台を選ぶ時にいろいろとカタログを読むかもしれませんが、その前に洗面台の種類として自由に組み合わせるシステムタイプと据え置き型のユニットタイプの2種類に関しては知っておいたほうがいいでしょう。