洗面をパウダールームとして使うには

洗面所をパウダールームとして利用したいというような女性も中に入るのではないでしょうか。パウダールームとは女性用化粧室とか女性用洗面所のようにそこで化粧直しなどができるような洗面所のことを言います。

そういうスペースを自宅でも作るとなるとなかなか難しいところがあります。

しかし、今回は洗面所にパウダールームを作るとしたらどういう工夫が必要になるのかということについて紹介していきます。

パウダールームとして必要なこと

洗面所をパウダールームにするということであれば、顔色や化粧の色味が分かりやすいようにしなければいけないでしょう。具体的にはわかりやすいように自然光を取り入れたり、自然光に近い照明を取り入れることが必要になります。化粧をしている時に今日はこういう風に見えているんだなということが自然に確認できた方がいいです。それによってあれこれと微調整をしていくわけです。

ここで身だしなみを整えるというのであれば、長時間使用することを前提として椅子などを用意しておくといいでしょう。椅子を使わないというのであれば、カウンターの下に収納できるようにしておくとベストです。椅子が邪魔にならずに済みます。そういう収納をするのであれば、カウンターの下の引き出しはせいぜい1段程度になります。

パウダールームを設置するに当たっての注意点

実際にパウダールームとして設置する場合に、多くの人が利用する朝にある1人がずっと洗面所を独占してしまうとなると、他の家族は使用できなくなって困ってしまいます。そういう場合には、洗面のためのスペースと化粧としてのスペースを分けるということが必要になります。つまり、二人が同時に利用できるようにするということです。

その他には、洗面所と脱衣所が兼用だったのを、完全に独立させた部屋として使うようにするといいでしょう。そうしたら風呂に入っているときでも自由に洗面所を利用することができます。

パウダールームにするためには家族の協力が必要

洗面を行うスペースをパウダールームにするためには家族の協力が必要になります。まずはパウダールームとしての機能を備えることと、使いやすくするためのスペースの活用がどうしても欠かせなくなります。